読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ローテ】夢ダイケンキ解禁記念杯優勝構築

此方夢ダイケンキ解禁記念杯で開催されたローテ大会に参加し優勝することができたので使用構築を。
更新ネタに詰まってたのでいい機会になりました。
635.png243.png212-m.png445.png094.png663.png

サザンドラ 竜の波動 悪の波動 ラスターカノン 大文字@拘りスカーフ
ライコウ 10万ボルト めざめるパワー氷 光の壁 リフレクター@光の粘土
ハッサム バレットパンチ 虫食い 瓦割り 剣の舞@ハッサムナイト
ガブリアス ドラゴンクロー 逆鱗 地震 ストーンエッジ@拘リ鉢巻
ゲンガー シャドーボール ヘドロばくだん 道連れ 催眠術@気合の襷
ファイアロー ブレイブバード フレアドライブ 剣の舞 寝言@命の珠

今回はカロスマーク無しでも参加可能とのことで、ORASでは初めてのローテの対戦となりました。
さて、構築のベースはアティエスさんのアティエス式壁スタン
この類の構築の強さは壁による行動保証に加え、サザンドラの削り性能、そして何より先制技を含めて相手の上を常に取り続けることが出来るところにあります。
殴り合いの要素が比較的強いORASローテにおいて、上を取れるということは殴り合いの試行回数が増え終盤には縛りを掛けられるので非常に強いということになります。
これらは追い風やトリックルームを軸にした構築が5thと比べて減少したことが大きく関係しており、主導権が入れ替わること無く展開できるこのような構築やワニノコサザンガルガルに代表されるような3+1の並びで削りと詰めを行う構築は理想的であると思います。

【個別解説】
サザンドラ
本家では眼鏡での採用ですが、以前から言い続けているようにXY以降におけるサザンドラの立ち位置は眼鏡による強力な削りよりもスカーフを持たせることで上を取れる相手を増やした削りを評価するべきだと考えているのでスカーフでの採用をしました。
これはこの構築に限ったことだけではなく大方の構築に当てはまると思います。
勿論相手のスカーフへの警戒が薄いことが多いのも立ち回りのしやすさに影響はしていると思いますが、ミラーやガブリアス霊獣ボルトロスといった相手に強気で動けるというのは非常に心強く安心感が有ります。
ライコウ
球での採用が一番ポテンシャルが高いと思うライコウですが、今回はファイアローガブリアスとの取り合いになったので粘土となりました。
ハッサムとのシナジーを考えてもこれで正解でしょう。
速い壁は5thの頃から相変わらず強いですね。
・メガハッサム
ORASでは全体的に速いポケモンが台当しているのでXYの時より相対的に強くなったと思います。
瓦割りを持たせたのはニャオニクスクレッフィの壁から積むような構築が増えているだろうことを見越して。
はたき落とすや羽休めも強力ですが、削りと詰めを目標にする構築では壁が厄介になるので瓦割り優先しました。
ガブリアス
相手のギルガルドマリルリに対しての処理速度を早めたかったので鉢巻で採用。
球は相手のサザンガルドやガブリアスに対して柔軟な選択を出来るのが強みですが、今回はその辺の処理はサザンドラがスカーフを持つことで解決しています。
・ゲンガー
本家ではスイクンだった枠ですが、絶対零度は使えなくなり本格的に採用理由がなくなってしまいました。
サザンドラがスカーフを持つことで速い相手への処理は楽になりましたが、ギルガルドへのカードとしてはやや弱くガブリアスでも択処理になるので不安ということでゲンガーを採用。
狙いは後2つあって、道連れによる強引な1:1交換の圧力と重力ニャオニクスの増加を逆手に取った催眠術。
実際に催眠術を打つ機会はありませんでしたが、とりあえず強い重力PTパクってレート潜ろうみたいな人が多いようなので面白いかなとは思います。
最悪素催眠で拾える試合もあるかもしれません。
ファイアロー
ねごとの枠は追い風でいいと思いますが、今大会では寝言が一回だけ役に立ってくれました。
裏から出してブレバや追い風で詰める、コレ以上に説明しようがないです。
ORASローテがそういうゲーム性なので、メタる側に回るより使う側に回ったほうがいいんです。

全体的にアローミラーが辛いです。
壁や同速でどうにか誤魔化しましょう。